LOOK BOOK GUIDE

スタイリスト石田有佑氏によるLOOK BOOKコーデ紹介(Ladies篇)

シルエットや素材にこだわったA.Q.の2016 AUTUMN / WINTERコレクション。ひとつひとつこだわりを持って作り上げるA.Q.のアイテムを、洋服のプロであるスタイリストはどのように捉え、組み合わせていったのか。A.Q. のスタイリング全般を手がける石田有佑氏に、自らのコーデについて徹底的に解説してもらいました。第2弾は、レディースコーデについて特集します。

A.Q.編集部:メンズに続き、レディースコーデも宜しくお願いします。今回は2016 AW 2ndのLOOK BOOKに掲載されたコーディネートのコンセプトをお伺いしているのですが、頭の中を改めて言葉にして説明するのは難しかったですか?

 

石田:いえいえ。コーデ自体はなんとなくではなく、きちんと計算して作っているので説明するのはそんなに難しくはないです。ただ、言葉として表現するのは難しいというか、ちょっと照れくさいというか(笑)。では、レディースも始めましょう。まずは1つめのコーデから。

Look 01

もはや定番アイテムと言ってもいいMA-1を主役に置いたコーデになります。MA-1などのメンズライクなアイテムを女の子が着こなす場合は、オーバーサイズのトップスに、ボトムスはスキニーで細めみたいなバランスが多いんですが、今回はよりガーリーな印象にしたくてスウェードのスカートを合わせています。全体的にはブラックで統一して、スカートだけ明るめのキャメル。この色味は70’sっぽくもあり、秋っぽくもあるので、まさに今季のコーデにピッタリですね。あとこのMA-1、実はリバーシブルになっていて裏返すとボアブルゾンとしても着用できます。案外リバーシブルってどちらか一面だけしか使わないことが多かったりするんですが、このアイテムに関しては表も裏もベーシックなデザインなので使い勝手がいいと思います。

 

A.Q.編集部:着こなしや合わせるアクセサリーはどういったところにこだわっているのでしょう?

IMG_59862

石田:インナーに使っているモックネックのプルオーバーは、タックインさせることでスッキリとした印象になるようにしています。こうすることで、キャメルがしっかりと際立ってメリハリが出るんですよね。アクセ類は、まずは首もとに2連のゴールドネックレスを使用しています。トップスがシンプルなアイテムで構成されているので、アクセントとして。あとは、足もとの黒のサイドゴアブーツ(ブーツはスタイリスト私物)と、大きめサイズのバッグで、ガーリーさとマニッシュのバランスを取っている感じです。

IMG_59016石田:今回のLOOK BOOKには載っていないのですが、このコーデはキャップを合わせるのもアリですね。まとまり感を出したいなら黒のキャップがベスト。MA-1が軍ものアイテムなので、違和感なくハマると思います。

 

Look 02

IMG_58438A.Q.編集部:これはコートが印象的なコーディネートですね。

 

石田:そうですね。リバーシブルのモッズコートを主役にした、レイヤードコーデです。モッズコートって結構個性が強いアイテムなので、インナーはシャツとニットでスッキリと。実はこのインナー、「ロングシャツ付きのニット」っていう1つの商品なんですよ。お得感もあるし、シャツの見え方のバランスもいい。スタイリストとしてはラクをさせてもらえるアイテムです(笑)。合わせているのは、細めのスウェットパンツと、ボリュームのあるムートンブーツ。「トップスと足もとがボリューミーで、ボトムスがスッキリ」が、スタイルよく見えるコツですね。

IMG_59819

 

Look 03

IMG_59433石田:グレーのニットに同系色のスヌードを合わせた、スッキリとしたコーデです。アクセントとして、ワインレッドのキャップを合わせています。あとは、パンツの丈のバランスを見て、足もとにはヒールのあるブーツを履いてもらいました(ブーツはスタイリスト私物)。全体的にストリートっぽい雰囲気もあるんですが、ワインレッドのキャップとブーツでエレガントさも出しています。

A.Q.編集部:非常にカラーバランスが良いコーデですよね。少し寒くなったらこの上にアウターを着るイメージですか?

 

石田:そうですね。ざっくりとしたAラインのコートでも、MA-1でも合うと思います。冬場のコーデって、どうしてもアウターが主役になりがちなんですが、室内に入るとコートやジャケットって脱ぎますよね。アウターなしでも成立するコーデにしておくことも、この時期の洋服選びで大切なポイントです。

 

Look 04

IMG_58750石田:秋冬ってどうしてもダークトーンが多くなりがちなんですが、このコーデはあえて白とグレーで明るめに仕上げています。コートの内側のモコモコ感とインナーのニット、ムートンブーツで、着心地も見た目もあたたかみのあるコーデですね。コートはシンプルなんですけどこだわりのあるデザインなので、取り入れるだけでこなれ感が出せると思います。

IMG_58904A.Q.編集部:こちらのコーディネートはワントーンコーデが美しいですが、ポイントは?

 

石田:今回は白とグレーでキレイなグラデーションになっているのですが、ちょっとどこかにアクセントを付けたいなと思い、このアイテムを合わせてみました。ただの真っ赤なグローブだと主張が強過ぎるんですが、ハリスツイードはトラディショナルなデザインなので、バランスよくハマっていると思います。実用性も高いですし、1つ持っておいて損はないアイテムです。

 

Look 05

IMG_59518A.Q.編集部:このコートはLOOK4の色違いですか?

 

石田:そうです。同じコートのカラバリを使っているんですが、インナーにワンピースを合わせていることで、よりガーリーなイメージに仕上がっていると思います。

 

A.Q.編集部:サラッと羽織っている雰囲気がいいですよね。

IMG_59834

石田:コートに個性があるので、シンプルな組み合わせでもサマになりますね。ただ、インナーにはバルキー柄のニットを合わせて、シンプルになりすぎないよう工夫しています。あと、足もともLOOK4と同じムートンブーツなのですが、こちらはタッセル付き。上がボリュームがあるので、下側も足もとでバランスを取っています。この辺りの感覚は、実際にブーツやスニーカーなどで色々試してもらって、しっくりくるものを見つけてみてください。もちろん、今回のコーデをマルッとマネしてもらってもOKです(笑)。

 

A.Q.編集部:ありがとうございました。これで全LOOKの解説が終了しました。それぞれ雰囲気の違うメンズ・レディース合わせてトータル10コーデとなりましたがスタイリストさんの考え方を知るのは、アイテムを検討する上でとても参考になると思います。今回からスタートしたLOOK BOOKコーディネート解説でしたが石田さんいかがでしたか?

 

石田:

うまく伝わりましたでしょうか(笑)。僕も自分のコーデを見返すいい機会になりました。A.Q.の商品は、シルエットや素材、デザインが良いうえにリーズナブルなので色々なコーデが楽しめると思います。今回の解説が皆さんの洋服選びの参考になれば嬉しいですね。

 

A.Q.編集部:

ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

 

石田:

ありがとうございました!

READ MORE

INSTAGRAM