INTERVIEW

「USED & CITY」| ショップスタッフが提案するリアルに着たいMIXコーデとは?

A.Q. 2017 Summerシーズンのスペシャルラインナップとして登場した「USED & CITY」シリーズ。今回はショップスタッフに「USED & CITY」シリーズの中から好きなアイテムをセレクトしてもらい、私物とMIX。オリジナルコーデづくりに挑戦してもらいました。

数多くの古着を見てきたから、作れるものがある。

−編集部:「USED & CITY」の企画経緯、コンセプトについて教えてください。

 

ANTIQULOTHES商品開発チーム 原さん(以下A.Q.原):今季のシーズンテーマはユーズド感と今のトレンドをミックスした「USED & CITY」です。その中でもより「USED & CITY」の世界観を色濃く打ち出すための商品群として企画されました。

 

ANTIQULOTHES商品開発チーム 井中さん(以下A.Q.井中):今は光沢感のある生地がトレンドのひとつなので、古着にその辺りの要素を盛り込んでいる感じですね。ユーズド感としては、洗いをかけたり、加工を施したりと、古着をリバイバルしたような雰囲気を出すように心がけています。

 

A.Q.原:A.Q.を展開する2nd STREETはリユースショップですので、私たちは必然的にこれまでたくさんの古着を見てきました。様々な年代のアイテムにも接していますので、古着の雰囲気や魅力なども熟知しているつもりです。今回の「USED & CITY」では、古着の魅力はそのままに、サイズ感やシルエットの野暮ったさなどを今風にアレンジして、誰でも着やすいようなアイテムにしました。

編集部:ありがとうございます。今回の対談ではショップスタッフの2名にお越しいただいていますが、お二人は今回の「USED & CITY」について、どのように感じていらっしゃいますか?

 

A.Q.店長 山室さん(以下山室):そうですね。メンズは全体の雰囲気としてはヴィンテージ要素が強いのかなと感じました。古い年代のアメカジが好きな人に好まれるデザインだと思うので、洋服にこだわりを持っている人たちにはプッシュしやすいのではないでしょうか。

 

2nd STREETスタッフ 伊藤さん(以下伊藤):本物のヴィンテージってなかなか手を出しづらいものなので、気軽に雰囲気を取り入れやすい今回のシリーズは需要が高いと思います。

 

山室:たしかに、古い年代だとシルエットやサイズ感がひとクセあって、今のコーデに取り入れるのはレベルが高いですよね。「デザインは好きなんだけどシルエットが…」って人は結構多いと思います。古着テイストがありながらシルエットは今のものがいい、そんな人にピッタリなんじゃないでしょうか。

 

A.Q.井中:2nd STREETは古着も新品も置いているので、お客様の好みも幅広いですからね。そういったお客様のお手持ちのアイテムに合わせて欲しいという思いもあったので、企画段階からなるべくどんなコーデにも取り入れられるようなアイテムづくりを目指しました。

編集部:では次は、メンズとレディースのオススメアイテムをいくつかご紹介いただいてもよろしいでしょうか?

 

A.Q.井中:はい。ではまずはメンズから。1つ目はリヨセルコットンを使用したオープンカラーのシャツです。山室さんが言っていたようにヴィンテージの雰囲気を程よく出したアイテムになります。特徴はなんといってもこのバンダナ柄。パッチワークをプリントで表現していて、この柄は古着では絶対にありえないのですが、使ってみると違和感なくハマったと思います。こういった遊び心を出せるのも、オリジナルならではの良さですよね。

 

山室:シルエットも、ワイドなんだけどサイドにスリットが入っていて今っぽいですよね。ヴィンテージだと着丈が短すぎたり、サイズ感が悪かったりするので、これなら色落ちしたデニムに合わせても古着感が強くなりすぎず、程よい抜け感が楽しめると思います。

 

A.Q.井中:そうですね。あとはキレイ目のスラックスならシティっぽいコーデにもなると思います。クセが強そうに見えて意外と万能に使えるアイテムです。

A.Q.井中:もう1つが、スラックスタイプのイージーパンツです。生地がリネンタッチのサラッとした触り心地で、リーバイスやリーのスタプレ(リーバイス社が1964年に製造したシワにならないノーアイロンスラックス)に近いアイテムですね。ディテールとしては、ドローコードをつけて今っぽさを出しています。

 

山室:テロっとした落ち感がいいですね。スタプレだと少しカッチリしすぎてアメカジ色が強くなるので、生地感はそのままでシルエットが緩いこのアイテムは着こなしの幅が広がると思います。先ほどのオープンカラーシャツと合わせてもいいですね。

編集部:ありがとうございます。ではレディースのアイテムについてもお伺いしてよろしいでしょうか?

 

A.Q.原:はい。レディースは、ヴィンテージをそのままリバイバルしようとするとどうしても古い印象になってしまうので、生地や色などでテイストを取り入れるようにしました。たとえばこのプリントTは、古着でよく見かける生地を使用しています。もともとザラつき感のある生地ですので、新品でも味のある風合いが楽しめます。あとはプリントも80’s〜90’sでよく見るようなデザインロゴを参考にしました。

 

伊藤:シルエットが少し大きめでストリートっぽさもありますよね。デニムに合わせても可愛いし、スカートやオーバーオールなんかも合いそう。春先だったらこの上にGジャンを羽織るだけで決まると思いますし、使い勝手が良さそうですね。

 

A.Q.原:ありがとうございます。レディースは、アイテム単体というよりも、80’s〜90’sのコーデ全体の雰囲気を見ながら各アイテムを企画したので、コーディネートはしやすいと思います。

A.Q.原:では2つ目を。こちらは刺繍デニムイージーワイドパンツですね。80’s〜90’sのデニムのシルエットをそのまま使用しながら、今年のトレンドでもある刺繍をアクセントとして加えたアイテムです。

 

伊藤:たしかにパッと見た感じヴィンテージ要素が強いので、これ1着で雰囲気が出せそうですね。でも、サイズとか刺繍とかはトレンド感がある。ガチガチの古着ではないので、普段カジュアルな服装の人でも、キレイ目な服装の人でも、案外すんなり取り入れられるんじゃないでしょうか。

 

A.Q.原:普通の白Tでもいいですし、トレンドの肩を落としたようなカーディガンなんかを羽織ってもいいですよね。シューズも、パンプスでもスニーカーでも合いますし。

 

伊藤:スタッフとしては、色々な方にオススメしやすそうなアイテムなので助かります(笑)

 

山室:どうしてもヴィンテージだとコーデが限定的になってしまいますが、今回の「USED & CITY」はその辺りをうまくカバーしてくれていますよね。私も昔のアメカジが好きなので、これをきっかけに色々な人に古着の魅力が伝わればいいなと思っています。

 

編集部:色々なお話、ありがとうございました。では最後に、お2人には好きなアイテムと私物をMIXしたオリジナルコーデに挑戦していただきたいと思います。

 

伊藤:自分のコーデを紹介するのはなかなか恥ずかしいですね(笑)。でも分かりました。頑張ります。

 

山室:どれにしよう。手持ちの洋服はクセが強いアイテムが多いので、どう合わせるか悩みますね。では、楽しみにしていてください。

A.Q.店長・山室さんがつくる「USED & CITY」MIXコーデ

mens

(山室さんコメント)

個人的に、クセが強いアイテムが好きなので、バンダナ柄のオープンカラーシャツを軸にスタイリングしてみました。その他、バッグと帽子も「USED & CITY」のアイテムです。パンツは私物のヘリンボーン柄のインディゴ染めスウェット。シューズはバーウィックのタッセルローファーです。私物にヴィンテージが多いので、あまり古着感を出しすぎないよう、カジュアルさを意識したチョイスにしてみました。ペイズリー柄はストリートでもよく使われる柄なので、見方によればストリートっぽくも見えるかもしれませんね。パンツを細めのスラックスに変えればそれだけでキレイ目コーデにもなると思います。

 

「USED & CITY」Series: ディテールにこだわった初夏の注目アイテムたち。

編み目で表現したデニムのような風合いが特徴のクルーネックの半袖ニット。胸元のポケットがさりげないポイントに。色移り、色落ちを気にせずさらりと着られる1着。
Price:2,800yen+tax 10-176-20-064 Color:SAX BLUE/SAX BLUE 柄 Size:FREE

5/2(火)店頭販売
※ONLINE STOREへはこちらから

インパクトあるバンダナ柄のTシャツは、生地にシルケット加工を施すことにより、きれい目でさらっとした着心地に。トレンドのビッグシルエットを取り入れた1枚。
Price:2,300yen+tax 10-176-01-065 Color:WHITE Size:M/L

5/2(火)店頭販売
※ONLINE STOREへはこちらから

それぞれ異なる表情を持つ濃淡のデニム生地を、パッチワークにしたデザインのキャップ。ステッチのカラーもアクセントに。
Price:2,300yen+tax 40-176-51-097 Color:INDIGO Size:FREE

6/6(火)店頭販売
※ONLINE STOREでは6月下旬頃販売開始予定


ヴィンテージライクなムードが印象的な開襟シャツ。なめらかな風合いと上品な光沢のある素材が、カジュアルアイテムに洗練さをプラスしてくれる。
Price:3,300yen+tax 10-176-10-052 Color:BLACK/NAVY Size:M/L

5/2(火)店頭販売
※ONLINE STOREへはこちらから

 

 

2nd STREETスタッフ・伊藤さんがつくる「USED & CITY」MIXコーデ

ladies

(伊藤さんコメント)

スカートとバッグが「USED & CITY」のアイテムです。普段はラフな服装が多いので、あえて自分ではあまり選ばないようなものを選んでみました。こだわりはスカジャンメーカーとして有名なテーラー東洋のTシャツ。和物の刺繍はスカジャンだと本気っぽくなりすぎますが、Tシャツだと程よく可愛いので愛用しています。今回はTシャツとスニーカーを合わせてストリート感を出していますが、キャミやロングカーディガンを合わせればグッと大人っぽくなると思います。気分によって雰囲気が大きく変えられるので、このスカートはぜひ1着持っておいて欲しいアイテムですね。

 

「USED & CITY」Series: 程よいトレンド感のあるアイテムで、初夏のコーデに彩りを。


胸元のフラワーモチーフの刺繍が春らしいムードを運んでくれるブラウス。シンプルな形なので、トレンドのワイドボトムスと合わせて70’S風の着こなしがオススメ。
Price:3,300yen+tax 20-176-10-103 Color:BLUE/SAX BLUE Size:FREE

5/2(火)店頭販売
※ONLINE STOREへはこちらから

サイドに入ったラインがシルエットを引き立てるパンツ。シンプルなデザインとシックなカラーなのでさまざまなアイテムと合わせやすく、大人っぽい着こなしを叶えてくれる。
Price:3,800yen+tax 20-176-40-100 Color:BLACK Size:M/L

5/2(火)店頭販売
※ONLINE STOREへはこちらから

トレンドのイレギュラーヘムのラップスカートは、今年らしい丸いバックルがポイントのベルト風ディテールを施したデザインが光る。シンプルなニットと着こなして。
Price:3,300yen+tax 20-176-40-105 Color:OFF WHITE/DARK NAVY Size:FREE

5/2(火)店頭販売
※ONLINE STOREへはこちらから

READ MORE

INSTAGRAM